DATE: CATEGORY:自転車コーナー
 僕にロードの楽しさを教えてくれた松本さんがやっと復活
 P4230332_convert_20170423111509.jpg
 昭和54年だったか近所に小さなサイクルショップをオープンして以来の長~い付き合い。
 僕より5歳下だけどお師匠様なのです
P4230337_convert_20170423111624.jpg
 昔は二人で毎朝早起きで名取愛島あたりを走り回っていました
 ここしばらく体調を崩して走れないでいたのですが、ついに朝錬に復帰!
 うれしいね(^^♪
P4230335_convert_20170423111557.jpg
 無理せず樽水の峠手前で引き帰ったけど、ゆっくりゆっくり調整して再び一緒に最後まで走れるといいな、と期待しています。

 本日はすこぶる良い天気。
 未だ散らずに頑張っている桜や桃の花、菜の花、たんぽぽ・・・
 命の芽吹き,春の彩を愛でながら走ります。
 蔵王の山々も青さを増してきました
 P4230338_convert_20170423111658.jpg
3月初め頃は、浅井さんには全ての峠をぶっちぎりでリードしていたのに、今日はタイ。
 P4230340_convert_20170423111806.jpg
毎年のことながら5月半ばには逆転&返り討ち。
P4230339_convert_20170423111744.jpg
ぶっちぎりで置いて行かれるのであります

途中、村田町付近で我がチームのエース岸君と会いました。
P4230341_convert_20170423111858.jpg
そこから“一緒に走った”けど、雲と泥の差!
あまりにも速すぎて一緒に走ったのは舞草さんだけ。
春の日差しをたっぷりと背中に浴びながらの3時間ランでありました。

       おしまい
スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:未分類
早かったのか遅かったのか・・92歳だった母が逝ってもうすぐ四十九日。
P4040403_convert_20170406194743.jpg
訃報を受けたのは2月も末。
吹雪の月山の中でだった。
P4040405_convert_20170406194841.jpg
喪に服す、というような大仰なものではないものの、なんとなく山に入る気持が薄らいでしまい2ヶ月になろうとしている。
P4040407_convert_20170406194912.jpg

母は戦前から女学校のスキー部員として地元の東山や小田山、遠くは沼尻スキー場まで脚を伸ばしていた。
そして会津女子高のスキー部OGの交流は続き,80を過ぎるまで合宿と称して滑っていた。
P4040409_convert_20170406194938.jpg

人は亡くなると山へ帰るという。
きっと今頃は仲間と、あちこちの山々へスキーを担いで登っているに違いない。
四十九日の法要が済んだら、後を追って月山か鳥海辺りに遊びに行こうと思っている。
P4040414_convert_20170406195142.jpg

そういう訳で会津へ往復したり庭の手入れをしたりと、なんとなくだらだらした生活が続いていた。
だらだらしていても春は来る。
P4040415_convert_20170406195115.jpg
3月の末には我が家の庭先でもウグイスが鳴きはじめ、2月初めに枝採りをした敬翁桜は葉桜になr、今はハナモモがぱんぱんに芽を膨らませている。
P4040416_convert_20170406195212.jpg

庭も畑もあでやかな装いを始めた。
オオイヌノフグリが空の碧さを写すように笊川の土手を彩っている。
P4040412_convert_20170406195046.jpg
部屋からの借景となる笊川のソメイヨシノも一週間もすれば見ごろになるだろう。
P4040426_convert_20170406195340.jpg
春は張る。あらゆる生命が漲る春。
ぽかぽか陽気のもと柔らかな春の日差しを受けながら心も身体も膨らみ始める。
P4040425_convert_20170406195257.jpg
我が家にも花の季節がやってきた。

DATE: CATEGORY:山コーナー
今日は、丸山さんの呼びかけに応じ4人パーティで三光の宮。
P2190030_convert_20170219202215.jpg
山麓の除雪道を飛ばし、終点の升沢の内水面試験場前を8:30に出発。
P2190033_convert_20170219202254.jpg
風はかなり強く、みんなで「こりゃ三光の宮で終了だね」
昨日のロードトレの疲労が少し残っている僕にはありがたいお話。
P2190039_convert_20170219202408.jpg
むろん、「そうだよね!」と相槌を
P2190037_convert_20170219202333.jpg
旗坂平や一群平手前の若干の急登を越えて、ツアー標識の番号を減らしていきます。
P2190040_convert_20170219202445.jpg P2190047_convert_20170219202710.jpg
30番が入り口。たしか三光の宮は15番だったはず。
P2190048_convert_20170219202752.jpg
標識15枚分を上ります。

上るにつれてブナ森が次第に太さを増し、存在感も増していきます。
P2190050_convert_20170219202828.jpg
風も強さを増していきます。
今日の気圧配置は西高東低
それを承知で山に入っているので、風と冷え込みは覚悟の上。
P2190052_convert_20170219202901.jpg
船形のブナは一本一本が風音をたてながら、空に向かってすっきりと枝を広げて素晴らしい空間をつくっています。
P2190056_convert_20170219203050.jpg
手のかじかみに耐えながら鳴清水のガリガリトラバースをクリアし、20番着。
P2190055_convert_20170219203014.jpg
風の弱まっているこの場所で、まずは一本。
P2190054_convert_20170219202943.jpg
この20番から右手の沢を越し、花染尾根方面に向かうと巨大な幹の大ブナの森があります。
そういえばしばらく会ってないなあ・・
P2190060_convert_20170219203156.jpg
そんなことを考えながら強風と寒さに耐え三光の宮へ到着。
本日はここまで。
紅一点のサカモッチャン、よく頑張りました!
P2190057_convert_20170219203124.jpg

すぐ上にある「日月星」の石碑に参拝し、写真を撮った途端、「ピー」。
P2190065_convert_20170219203225.jpg
電池切れ!
寒さのせいかor勝手に写真を撮ったせいか・・。
結局、みんなの素敵な滑降シーンを撮ることができずに下山。
途中固く手ごわい斜面はあったものの、ここ数日降った粉雪で楽しい深雪滑降を楽しむことができました。
        おしまい
DATE: CATEGORY:自転車コーナー
今日は浅井さんのお誘いで半年振りのラン。
2017年の初走りです
P2180022_convert_20170218212600.jpg

コースはいつもの朝錬コース。
走れるかなあ・・。
と、不安ながら走ってみたら、思いのほか快調!
P2180005_convert_20170218212624.jpg

ほとんどの峠で浅井さんをぶっちぎり
P2180009_convert_20170218212324.jpg
実は、毎年この時期は僕がリードするのですが、2ヶ月もすると返り討ちに
P2180007_convert_20170218212249.jpg

4月の声を聞くあたりから立場は完全に逆転されます。
5月の蔵王ヒルクライムに向けて身体をつくっていくみたい。
この激坂もアウターで余裕で走りきれるようにしてしまいます。
P2180025_convert_20170218212431.jpg
僕にはとってもできません

マッ年齢の差、ですね(言い訳)
でも、最後までインナーに落とさず走りきれたことに満足満足
P2180017_convert_20170218212535.jpg
風も強く冷たかったけどインナーに落とすことなく走れたし、
里の春の気配を全身で受けながら心身ともにぽかぽかのランでした
P2180027_convert_20170218212726.jpg
     おしまい
DATE: CATEGORY:山コーナー
昨日、我が家の奥方が5日間にわたるご旅行からご帰還されたので、ようやくワンコ当番から解放され、
さっそく深野さんと山へ
急な思い立ちだったので、とりあえずビール・・じゃなかった、とりあえず先週と同じおんどり尾根へ。

したがって、行動も内容も「前回に同じ」、なので、とりあえず記録として写真だけ
但し、先週より「天気曇天なれども、雪質良し」
<9:20出発~c1000尾根12:15-12:30滑降~13:20着
獲得総高度640m。

*なお、帰りに寄った碁点温泉、この日は17時からのオープンで入浴できズ。
雪山でがんばってきたのに、あったまれズ・・(悲)
             おしまい

copyright © 2017 山と自転車inみちのく all rights reserved.Powered by FC2ブログ