FC2ブログ

プロフィール

ワカポン

Author:ワカポン
 山は自転車のため、自転車は山のため。
 仙台を起点に、夏は蔵王や鳥海での大会を目指してヒルクライム練習と、近辺の沢登りや花の稜線歩き。
 冬は山スキーで蔵王・月山メインに、あちこち出没中。
これは、その日記です(boke防止)。


最新記事


カテゴリ


最新トラックバック


月別アーカイブ


カウンター


DATE: CATEGORY:未分類
10月15日袋井市の娘宅を出て、奈良を最終目的地にいざ紀伊半島の寺社巡りへ。
要は70を十分に越え、溜まった垢を落としと罪滅ぼしかな?

先ずは知多半島をひた走り、伊勢湾フェリーでお伊勢さんへお参り。

ちょうど清子様が祭主として列に加わっておられました。
大混雑。


罪滅ぼしの旅とはいえ、食い気は別。

柔らかいので有名な伊勢うどん。

18&19日は熊野本宮。
その前に丸山千枚田へ。


熊野本宮。
・・・・・
カメラを車内に忘れてきました(^-^;
19日はバスで発心王子まで行って古道歩きで熊野本宮へ。


20日は熊野那智神社へ。


熊野速玉神社参拝後白浜温泉で疲れを取って高野山へ。

2年前に自転車四国遍路結願のお礼参りで詣でた思い出の地。
二日間見て回りました。

27日は吉野金峰山寺。
幸運にも26、27日はちょうど8千人護摩供養の日。
無論供養していただきました。

念願の蔵王権現にも出会えて満足の日でした。

そして28日、奈良入り。
これから1週間、古民家の宿泊先に滞在しあちこちぶらり歩きをします。







一軒貸切で6部屋全てワンコと自由に暮らしてOKとのこと。
梁も柱も太くどっしりとした趣のある家。
昔宿だった用です。
温かい素敵なご主人で、昨日は自家製というコンニャクを調理して持ってきてくれたり、今晩はこれまた自家製のザクロ酒とカリン酒を差し入れ。
感謝です。

炭火で心も暖まり良い奈良での生活が出来そうです。
    おしまい
PS:タブレットでの入力。誤字その他はご容赦のほどm(__)m    


スポンサーサイト
DATE: CATEGORY:山コーナー
阿部君から「石跳川沿いを歩いてみたい」、ということで一緒してきました。
DSCF3773_convert_20181008193528.jpg
昨日の自転車朝練の疲れが少々残ってはいたけど、許容範囲。
二人とも久しぶりの山歩きです。
DSCF3776_convert_20181008193313.jpg

志津集落の先に車デポしていざ出発。
車道を歩いて自然博物館へ向かうものの、姥沢リフトから月山へ上ろうとする車がひっきりなしに通過。

石跳のコースは、我々二人だけ。噓のように静か。
DSCF3769_convert_20181008193154.jpg
風そよぐブナ森の中、歴史ある石畳道を踏み辿っていきます。
DSCF3766_convert_20181008193111.jpg

冬は何度も訪れてはいるものの、無雪期は今回が二度目。
DSCF3771_convert_20181009130506.jpg

対岸のカワクルミ沼へ通じる渡渉の橋は流されていました。
DSCF3767_convert_20181009130304.jpg

高度を上げるにつれて秋の気配も深まっていきます
DSCF3772_convert_20181008193233.jpg

DSCF3785_convert_20181008193354.jpg
装束場からの草紅葉は今が盛り。

装束場からは急斜面を一気に下って湯殿山神社へ。
はるか下に湯殿山神社。
DSCF3787_convert_20181008193432.jpg
鉄梯子が続きます。
前方には品倉山が立ちはだかっています。
DSCF3794_convert_20181008193607.jpg

湯殿山神社は、撮影禁止。
DSCF3801_convert_20181008193750.jpg
語られぬ 湯殿に濡らす 袂かな
500円也を払iい、素足になり入口で簡単な御祈祷を受け、御神体を拝観。

戻って靴を履き、さてっと、登り返し。
この急登はやはり厳しい。
DSCF3795_convert_20181008193633.jpg
息をあげながらなんとか装束場へ。
当初に計画した姥ヶ岳経由で志津へ下りる話は、あっさりご破算。

後はナメコさんを探しながら往路を下山し。
自然博物館見学後、志津へ。

帰りに寄ったうなぎ湯は200円。
小さいながらも、名の通りぬるっとした湯温低めの好きな温泉です。
            おしまい
DATE: CATEGORY:自転車コーナー
 昨日は川崎町の田舎人さんの畑で蕎麦の収穫作業。
 7月末だったか、みんなで蕎麦の種蒔きをしたのですが、早くも収穫。
DSCF3731_convert_20181007151607.jpg

救荒作物の一つだっただけあり蒔くだけで手間要らず。
 ではあったのですが、手間をかけなかったぶん雑草(スギナ)が縦横無尽に生えて取り除くのが大変でした。

それでも美味しい蕎麦になるか・・楽しみです。
DSCF3732_convert_20181007151640.jpg
作業後は皆さんで芋煮をご馳走になりました。

そして今日は、恒例の朝練
めずらしく多くのメンバーが参加!
8名の大人数です。
DSCF3751_convert_20181007145326.jpg

集合場所のコンビニ前で、I君が新車を披露。
8月末で完全閉店したまつもとサイクルのオーダー作品
松本さんの最後の作品です。
DSCF3742_convert_20181007145213.jpg
興味津々。

その後いつものコースを辿ったのですが、みんな速い!
DSCF3746_convert_20181007145243.jpg
速すぎる。

8名の集団走のはずなのに、僕一人個人走
「おととい免許更新で大河原の免許センターへママチャリで行った疲れが・・」と、一人言い訳をしながら、黙々とヒルクライム。
DSCF3752_convert_20181007145354.jpg
それでも要所要所で待ってくれました。
DSCF3754_convert_20181007145421.jpg

ご迷惑にならないよう必死に付いて・・・
DSCF3757_convert_20181007145454.jpg
これ以上置いていかれないよう、がんばらなくては・・。

練習終了後、引っ越した松本さん宅へ寄り道。
DSCF3762_convert_20181007145548.jpg
元気でなにより。
              おしまい
DATE: CATEGORY:未分類
「最近自転車の記事掲載してないね」と友人に言われるのですが、乗ってますよ。
ただ最近は朝練コースばかりで変化無くマンネリ。
今日は雨のため朝練は中止
出不精のワタクシ。
雨の中をどこかに出かけるアグレッシブな気持ちはありません。
てな訳で、今回も身の回りの出来事を。

柿、あちこち配って・・。
DSCF3695_convert_20180930102159.jpg

お茶の教室へも持っていきました。
DSCF3699_convert_20180930102700.jpg
「お茶では実のなるものは生けないのよ」だそうです。
無論生けて楽しむ気持ちは無く、たくさん持っていって皆さんに差し上げました。

今朝は近くの絵手紙の先生宅へ。
「毎年ありがとう!」。
食べるより絵のモチーフに使うようです。
一番喜ばれたかも。
明日は絵のサークルへ

昨日まで三日間、ワンコと山形県内をうろうろしてきました。
鳥海山はガスと雨で登れず。
土門拳のミュージアムを見学。
P_20180928_120459_convert_20180930111026.jpg
海岸平地に広がる芝生と目の前に広がる潟沼に静かに建つ建物。
いつ来てもホッと落ち着く好きな場所です。

帰りに「スタジオセディック庄内」という映画のオープンセットを見学。
DSCF3705_convert_20180930102339.jpg
広い敷地内に宿場町や農漁村などのエリアがあって、映画ファンにはこたえられない場所なんだろうな。
DSCF3717_convert_20180930102532.jpg
今でもいろんな映画の撮影に使っているようです。
DSCF3716_convert_20180930102506.jpg
おしんや座頭市の撮影風景などの写真があちこちに展示されていました。
DSCF3701_convert_20180930102235.jpg
エリア間が遠く、2時間歩き通し。
疲れたあ。
              おしまい
DATE: CATEGORY:未分類
自分の孫のように可愛い お隣の子供達と柿もぎ
DSCF3633_convert_20180924192649.jpg
たくさん採れました
DSCF3641_convert_20180924192742.jpg
大収穫のピースサイン
DSCF3642_convert_20180924192814.jpg
たいして甘くないのに食べてくれます
DSCF3645_convert_20180924192906.jpg

そして今夜は仲秋の名月 &
DSCF3687_convert_20180924192557.jpg
残念ながらオメイゲッツァマは顔を出さないけど、 「全ての子供たちにとって、平和な世が続きますように」
             おしまい



copyright © 2018 山と自転車inみちのく all rights reserved.Powered by FC2ブログ