プロフィール

ワカポン

Author:ワカポン
 山は自転車のため、自転車は山のため。
 仙台を起点に、夏は蔵王や鳥海での大会を目指してヒルクライム練習と、近辺の沢登りや花の稜線歩き。
 冬は山スキーで蔵王・月山メインに、あちこち出没中。
これは、その日記です(boke防止)。


最新記事


カテゴリ


最新トラックバック


月別アーカイブ


カウンター


DATE: CATEGORY:山コーナー
3日前に続いて面白山(廃)スキー場。
本当は山形葉山に行く予定だったのですが、午後の用事が出て安近短の面白山に変更。
スキー靴を履いたまま熊ヶ根駅7:45乗車し、3つ目の面白山駅へ。
P1260154_convert_20170130161933.jpg
降りた客は、ボーダー3名。
本日は僕を含め4名の訪問者でした。

絶好の天気の中、ひっそりとしたスキー場跡地を上って行きます。
青空の中に南面白山。
その上を飛行機が音も無く白いラインを引いていきました。
P1290166_convert_20170130160309.jpg
飛行機雲がどんどん太くなっていくのを見ると天気は下り坂かな?

斜面も土曜日に何人か入ったようで結構シュプール痕が見られます。
P1290167_convert_20170130161132.jpg
雪も降らなかったし、リセットを期待するほうが無理というもの。

マッそれは覚悟の上。
黙々とリフト最上部へと高度を上げていきます。
日陰に入ると気温はぐんと下がります。
P1290172_convert_20170130160529.jpg
それでも大汗を掻きながら一気にリフトトップへ。

隣の北面白山と中面白山がくっきりとスカイラインを描いています。
P1290176_convert_20170130160626.jpg

遠くには鳥海山がくっきり
P1290191_convert_20170130160925.jpg
この晩、蔵王や月山に行った山仲間からも「鳥海や朝日がきれいだったよ」とのメールがありました。
どこの山でも最高のロケーションを楽しめたようです。

さて、シールを外し装備を整えて、藪をポール代わりに避けながらまずは1本。
suki_3_convert_20170101101442.jpg
上部はまだパウダー気味で快適ですが、下るにしたがってクラスト斜面となり
スキーが引っかかって滑りにくいことこの上なし!

それでも青空の中、ブナを愛でながらの山行。
P1290198_convert_20170130161107.jpg

P1290190_convert_20170130160840.jpg
実に気持ちよし

P1290181_convert_20170130160710.jpg

雪も笑っています
P1290194_convert_20170130161032.jpg

滑り終えて再びシールを付け、また上へ
P1290193_convert_20170130160957.jpg
4本上りと滑りを繰り返して12:10.列車時刻は13:23.
時間が微妙に余ったのでまたまた上れるところまでがんばり、12;40稜線に出る手前で行動中止。
すぐさまシールを外し装備整え、面白山駅へダウンヒル一直線。
意外と早い駅着になってしまい、寒さに耐えながら列車待ちになってしまいました。
本日の獲得総高度は1260m。
よくがんばりました(◎)
           おしまい
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 山と自転車inみちのく all rights reserved.Powered by FC2ブログ