プロフィール

ワカポン

Author:ワカポン
 山は自転車のため、自転車は山のため。
 仙台を起点に、夏は蔵王や鳥海での大会を目指してヒルクライム練習と、近辺の沢登りや花の稜線歩き。
 冬は山スキーで蔵王・月山メインに、あちこち出没中。
これは、その日記です(boke防止)。


最新記事


カテゴリ


最新トラックバック


月別アーカイブ


カウンター


DATE: CATEGORY:自転車コーナー
ここしばらくパタパタした日が続きました。

けやきの会の展覧会があったり、その合評会や受付当番に出たり・・。
P5220637_convert_20170529100857.jpg

遅れていたネコヒタイ畑の耕しや植え付け
P5230676_convert_20170529100728.jpg
今年は、定番のトマトとナスや葉物に加え、サトイモにチャレンジし植えました。
美味しい会津のサトイモです。

妻の旧友の集まりがあり我が家でお茶会
P5250695_convert_20170529100606.jpg
お茶の先生をしている人がいて点てていただきました。
勉強になりました。

 そして今日は、ロードロングラン。
ルートは、仙台~角田~福島(国見)、小坂峠を越えて旧道に入り~七ヶ宿ダム対岸を走り~遠刈田~村田~仙台。
「ウ~ム・・」
正直この年齢で走りきれるか・・不安でした。
でも引っ込んだらマケ。

7時集合でマツモトサイクル前を出発
P5280716_convert_20170529101021.jpg
足慣らしに旧愛島球場への坂をこなし、岩沼、槻木と走って阿武隈川に出ます。

強烈な向かい風。
その中を舞草さんが物ともせず30キロペースで走ります。
結局最後まで先頭を走り我々を引いてくれました。
P5280718_convert_20170529102646.jpg
引きがなかったら、僕の後半はかなり辛い状況になっていたと思います。感謝です。

角田のコンビニで補給のあと阿武隈大橋を左に見て突っ走り福島県境へ。
P5280728_convert_20170529101218.jpg
車も少ない、天気もまずまず。
でも、このあたりから疲労がボディブロー的に効き始め、脚にも乳酸蓄積を実感。
P5280729_convert_20170529101137.jpg
あの小坂峠を越えられるかなあ・・。
前に来た時は、雨模様で辛かったけど未だちょっとだけ若かったし・・。
P5280731_convert_20170529102611.jpg
年齢的ハンディはいかに!

この坂は初っ端にきつい坂が連続します。
P5280732_convert_20170529101303.jpg
息は荒く火野正平並み。

下に小さくなって広がっていく街並み景色に慰められながら・・。
P5280739_convert_20170529101356.jpg
ひたすら耐えて小坂峠を越え、宿場町の面影濃い上戸沢を過ぎ、
P5280744_convert_20170529101437.jpg
七ヶ宿旧道から飛不動方面へ。
ここからは初めて走る道。
上り道がお待ちしておりました
P5280747_convert_20170529101516.jpg
初対面の飛不動様です。
江戸の世、この道は旅人の往来でにぎわった羽州街道。
当時難所の一つであった峠の安全を祈願してのお不動様でしょう。
新井宿峠の旧道にもお不動様が祭られています(あそこの旧道修復予定はないのかなあ)。
P5280749_convert_20170529101600.jpg
自分が酉年なので、守り本尊であるお不動様にはすごく興味があります。
お会いできて良かった。

その先に長い・暗い・細いトンネル。
P5280753_convert_20170529101638.jpg
ライトを点けても未だ暗く、注意して抜けます。

長いトンネルを抜けると、そこは七ヶ宿ダムだった。
P5280756_convert_20170529101725.jpg

記念写真をパチリ
P5280759_convert_20170529101758.jpg
突然噴水が高く上がって・・我々を歓迎(かな?)
P5280763_convert_20170529101826.jpg
対岸の道は細いものの車の往来が少なく快適です。
P5280765_convert_20170529101908.jpg
少ない分お猿さんのテリトリーと化しているのか、猿が道路に群がっており、我々を見て藪へ。
P5280766_convert_20170529102353.jpg
ボスと思しき一匹が最後まで残って我々をにらみつけていました。

パンパンになった脚を騙しながらなんとか蔵王の山道上りをこなし、遠刈田着
P5280767_convert_20170529102427.jpg

日曜日で車の多い道に緊張しながら村田を通過し、
朝練コースの大師峠。
P5280770_convert_20170529102503.jpg
最後の激坂、名取ゴミ焼却場前をなんとかこなし、無事我が家へたどり着くことができました。
173キロ、8時間近くの旅でありました。
そして、この年でも気持ちがあれば、良い結果が待ち受けてる(場合がある)ことを確認できた旅でもありました。
バテタ~~
           おしまい
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 山と自転車inみちのく all rights reserved.Powered by FC2ブログ