FC2ブログ

プロフィール

ワカポン

Author:ワカポン
 山は自転車のため、自転車は山のため。
 仙台を起点に、夏は蔵王や鳥海での大会を目指してヒルクライム練習と、近辺の沢登りや花の稜線歩き。
 冬は山スキーで蔵王・月山メインに、あちこち出没中。
これは、その日記です(boke防止)。


最新記事


カテゴリ


最新トラックバック


月別アーカイブ


カウンター


DATE: CATEGORY:未分類
11月初めに叔母から送られてきた会津身しらず柿の開封日が昨日。
PB230743_convert_20171123172117.jpg
実家の近所にある北御山には、“御”の名の通り、昔から天皇や殿様へ献上する柿畑が広がっている。
PB230747_convert_20171123172318.jpg
「身しらず柿の中の身しらず柿」
PB230745_convert_20171123172147.jpg

さっそく翌朝試食してみた。
ヌカッとした歯ざわりと上品な甘さ。
PB230002_convert_20171124111849.jpg
暖房の効いた部屋で柿の甘みと冷たさが喉元を過ぎる。
美味い!。
一日のやる気が湧いてくる

柿を味わいながらふと思った。
東北はほとんどの地域が身しらず柿のように、渋柿を焼酎にさわして食べる。
PB230003_convert_20171124111935.jpg

ところが、娘の住んでいる静岡県名産の次郎柿は甘柿
昨年秋の四国遍路の帰途に詣でた、高野山九度山の広大な柿畑も富有柿(甘柿)。
PB022188_convert_20171124113017.jpg
さわし柿はまず売っていない。
どうやら西の方は柿と言えば、甘柿を指すようだ。
PA211716_convert_20171124112942.jpg
第一、道先で話しても、「さわす」の言葉自体を知らない人が殆どだった。
道路脇に並んだ柿の直売所のおじさんも、「さわす・・??」だった。
日本・・狭いようで広い。

干し柿も柔らかく甘みがでてきたようだ。
PB240007_convert_20171124112003.jpg
「干し柿」?・・全国共通だよね?
              おしまい
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 山と自転車inみちのく all rights reserved.Powered by FC2ブログ