FC2ブログ

プロフィール

ワカポン

Author:ワカポン
 山は自転車のため、自転車は山のため。
 仙台を起点に、夏は蔵王や鳥海での大会を目指してヒルクライム練習と、近辺の沢登りや花の稜線歩き。
 冬は山スキーで蔵王・月山メインに、あちこち出没中。
これは、その日記です(boke防止)。


最新記事


カテゴリ


最新トラックバック


月別アーカイブ


カウンター


DATE: CATEGORY:山コーナー
明日から忘年会三連荘なので、今のうちに山へ。
この時期は他の山は未だ滑られる状態に無く本日も姥ヶ岳。
PC080079_convert_20171209100025.jpg
着いてみると志津Pには車無し。
本日は姥ヶ岳独り占め!

駐車場のすぐ先で工事中。
PC080062_convert_20171209095757.jpg
ちょうどいた工事の方に聞けば、地滑り調査のための工事とか。
「どごまでいぐの?」 「姥ヶ岳まで行がれれば・・」 「良ぐ行ぐごど、気いつげでなあ」
     ありがとう、そちらこそご苦労様です

私的積雪定点観測場。
PC080063_convert_20171209095829.jpg
手が届くようになるのはいつかな?

独り占め、と言うことはラッセルも一人。
PC080070_convert_20171209095931.jpg
交代要員無し。

雪がかなり重くスキーのトップが上がらず。
PC080078_convert_20171209095959.jpg
いつもの電線道も、ジグを切るたびにトップにへばり付いた雪を振り落としながら急登をこなしていきます。

息も上がります。
ラッセルの深度はふくらはぎの中ほど。
PC080095_convert_20171209100408.jpg
粉雪なら鼻歌交じりなんだけど・・。

どうにか電線道のトップの林道に出て姥沢を目指します。
PC080091_convert_20171209100058.jpg
ところがこの辺りから横殴りの強風が襲ってきました。
稜線上なので覚悟の上ではあったのですが、ちょっとひどい。
姥沢の駐車場では立っていられないほどになり、この先は無理とUターン。
シールを付けたまま引き返し風の弱まった辺りで滑走準備。

ノンシュプールの電線道を滑降。
PC080099_convert_20171209100142.jpg
パウダーだったらなあ・・。
PC080101_convert_20171209100309.jpg
あまりの雪の重さに辟易しながらまだ藪の見える狭い斜面を滑り、なんとか林道へ。

駐車場に着いて振り返ると、姥沢の稜線はガスに覆われて見えず。
PC080105_convert_20171209100439.jpg
当然ながら戻って正解!
             おしまい
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 山と自転車inみちのく all rights reserved.Powered by FC2ブログ