FC2ブログ

プロフィール

ワカポン

Author:ワカポン
 山は自転車のため、自転車は山のため。
 仙台を起点に、夏は蔵王や鳥海での大会を目指してヒルクライム練習と、近辺の沢登りや花の稜線歩き。
 冬は山スキーで蔵王・月山メインに、あちこち出没中。
これは、その日記です(boke防止)。


最新記事


カテゴリ


最新トラックバック


月別アーカイブ


カウンター


DATE: CATEGORY:山コーナー
連日の雪&雪に、ひょっとしたら面白山も良い感じになっているのでは・・と、まずは行ってみる事に
声をかけたら4人が手を上げ、総勢5人のパーティ。
PC170198_convert_20171217171310.jpg
メンバーも新人の20代と30代の若手に、50代ともうすぐ60代に70代と、これ以上無いバラバラのジェネレーション構成。
 
熊ヶ根駅から7:45乗車。
 スキー姿のまま列車に乗れることに、戸惑いながらも楽しそうです。
PC170189_convert_20171217170003.jpg

作並・奥新川駅を過ぎ、長いトンネルを過ぎると、そこは雪国。
面白山駅下車、いざ出発。
PC170191_convert_20171217170030.jpg

しかし、期待に反して積雪は少なめ。
PC170195_convert_20171217170109.jpg
登るにつれて嫌な予感
PC170196_convert_20171217170141.jpg

やっぱり未だ未だ藪の藪。
PC170200_convert_20171217170215.jpg
 いつも滑降を楽しむ肝心のバーンも濃い藪。
PC170204_convert_20171217170323.jpg
 それでも気を取り直し、小屋で一休み後
PC170203_convert_20171217170256.jpg
リフトトップを目指します。
PC170205_convert_20171217170417.jpg
 ここからの高度差は約200m。
PC170211_convert_20171217170445.jpg
 黙々と上りながらも、「これじゃ滑ってもなあ・・」とボヤキが出ます。

3段の上りをこなしリフトトップへ向かうプラトーへ。
PC170213_convert_20171217170648.jpg
 この辺りは僕の一番好きなロケーション。
ブナ森がモノトーンの世界をつくっていました。

 リフトトップから1本目の滑降
PC170214_convert_20171217170912.jpg
PC170217_convert_20171217170529.jpg

 とても滑りを楽しめる状況にはありません。
 弱点を狙い、オープンバーンを探しながら右往左往の滑降で、なんとか小屋着。
PC170219_convert_20171217170605.jpg

 2本目は林間を狙いましたが、これもイマイチ。
どこをどのように滑るか・・。
まさにパズルのような迷路滑降。 

「ドテ!」
PC170225_convert_20171217170803.jpg

13時23分の列車に乗らなきゃならないので、3本目をラストとして上りに使った小さな開きのある迂回路を滑り、小屋でラーメンランチ。
時計を見たら13時のシンデレラタイム!
 急いで小屋内を掃除し、駅へ滑り降りなんとか4分前にゴール。

 藪が埋まり本格的に楽しめるようになるのには年が明けるのを待ってからか?
PC170220_convert_20171217170727.jpg
 それにしても年々藪が育ち木々も太さを増してきており、いつまでここで遊ばせてもらえるのかな。
         おしまい
 
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 山と自転車inみちのく all rights reserved.Powered by FC2ブログ