FC2ブログ

プロフィール

ワカポン

Author:ワカポン
 山は自転車のため、自転車は山のため。
 仙台を起点に、夏は蔵王や鳥海での大会を目指してヒルクライム練習と、近辺の沢登りや花の稜線歩き。
 冬は山スキーで蔵王・月山メインに、あちこち出没中。
これは、その日記です(boke防止)。


最新記事


カテゴリ


最新トラックバック


月別アーカイブ


カウンター


DATE: CATEGORY:山コーナー
久しぶりに遠出して岩手山ハート沢へ。

何年前だったか忘れたが、西田君に案内されて滑ったけど、ガリガリ斜面の上にガス気味で視界もイマイチの中緊張状態で滑り下った思い出がある。
その後深野さんとも入ったが、楽しいというより緊張が先立った思いが強い。
果たして今回は・・!
6時に仙台を出て登山口の馬返しを9:00頃出発。

ココスウジツ続く異常なほどの暖かさで、お山もすっかり春のザラメ雪。


カモ・シカ之介がしばらく先導し案内をしてくれました

樹林帯を抜けオープンバーンの急登にさしかかると、スキーを抑えることが難しくずり落ちそうになり疲労もピーク。

例年この急斜面はアイゼンが必要な場面。

なんとかクリアして2時過ぎに8合目避難小屋着。

時間も押しているので若干の小休止後7合目まで戻り、少しの藪こぎでハート沢の降り口ポイントへ。

いつもならド緊張の初っ端の急斜面は、好天で視界が効いているためが雪質が柔らかいためが今までのような緊張もなく気持ちよく入ることができた。

他のメンバーも結構飛ばしていた。

沢が狭くなってきたのを見計らって右の尾根に逃げ登山口へ。

この日は全員盛岡市内のスーパー銭湯に泊まり、大宴会。
翌日ば岩手山の尾根滑降組と鞍掛山登山組に別れて山行。

鞍掛山からの岩手山眺望はダイナミックなパノラマが広がって思い出に残る素晴らしいものだった。
      おしまい
*宇都宮からタブレットで制作送信なり(間違いあればm(__)m

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 2018 山と自転車inみちのく all rights reserved.Powered by FC2ブログ